2013/03/17

魔王「俺が勝ったらお前を犯すぞ」 女勇者「負けないっ!」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:02:53.35 ID:xyzCs0+I0
~魔王城、玉座の間~


女勇者「とうとう追い詰めたぞ……魔王!」

魔王「ククク……、お前が勇者か」

女勇者「そうだ! 魔王、お前の首をもらい受ける!」

魔王「なるほど、生気のある、いい目をしている。ならば――」

女勇者「何だ」

魔王「俺が勝ったら、お前を犯すことにしよう」

女勇者「なっ……!」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:09:08.68 ID:xyzCs0+I0
魔王「クク……、動揺したな。お前の心臓の拍が、耳元で聞こえるようだ」

女勇者「ふざけたことをぬかすな!」ジャキッ

魔王「どうした? 命を賭ける覚悟があっても、貞操は惜しいのか?」ククク

女勇者「お前のような下衆になど、負けるものか!」ダッ

魔王「ふはは、かかってくるがよい!」バッ

女勇者「でやあぁぁ!」


ガキンッ! バキンッ!!


女勇者「く……っ」

魔王「ぐぬ……」

女勇者(分かってはいたが……)

女勇者(さすがは魔王、恐ろしく強い……!)




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:13:42.74 ID:xyzCs0+I0
魔王「ふっ……!」バッ


魔王は 雷の魔法をつかった!


女勇者「なんのっ」シュバッ

魔王「ぬぅ……」

魔王(あかん……)

魔王(この子むっちゃ強い……)

魔王(正直互角でやっとやんけ……!)

魔王「仕方あるまい……!」

魔王「側近ー! 側近来いー!」


魔王は 仲間をよんだ!




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:18:37.70 ID:xyzCs0+I0
側近「魔王様!」

女勇者「く……、卑怯な!」カキンッ

魔王「ふはは、何を寝ぼけたことを!」バシッ

女勇者「でやぁぁ!」

魔王「ふははは!」

側近「……」

女勇者「せやぁ!」ガキンッ ジャキンッ

魔王「ふはは……」

側近「……」

魔王「側近ー! 手伝え側近ー!」

側近「あ、はい」

魔王「やーだーもー! 見て分かれよもう、おっかねえなぁゆとりはぁー!!」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:25:34.77 ID:xyzCs0+I0
側近「えいっ」パンチッ

女勇者「ぐぅ……っ」ガッ

魔王「やればできるではないか! ……せいっ!」


魔王は 雷の魔法をつかった!


女勇者「う……うわああああ!!」バチバチバチッ

魔王「ふははははは!!」

側近「えいっ、えいっ」バシッ バシッ


側近の 痛恨の一撃!


女勇者「くは……っ、あ……ぁ……」ガクッ


女勇者は 負けてしまった…




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:32:26.61 ID:xyzCs0+I0
女勇者「う……、ぐぅ……」

魔王「……なんか、貴様がナチュラルにとどめさしたな」

側近「あ、はい」

魔王「いい根性してるよね、君、割と」

側近「ありがとうございます」

魔王「褒めてな…………、いや、それよりも、こっちか」

女勇者「く……、はぁ、はぁ……」ピクッ ヒクッ

魔王「ククク……、伝説の勇者とやらが、いいザマよ」

女勇者「こ……ころ……せ……!」

魔王「殺せ? お前は先刻、俺が何と言ったか、もう忘れてしまったのか?」

女勇者「ぐっ……!」

魔王「忌まわしい魔王に汚される屈辱、しかと味わうがいい……」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:41:40.31 ID:xyzCs0+I0
魔王は 勇者の装備をすべて外した!


女勇者「や……やめろぉ……!」

魔王「ふふふ、惨めだなぁ、勇者よ……。怨敵の前に、生まれたままの姿を晒すことになるとは……」

女勇者「くぅ…ぅ……」

魔王「しかし……、勇者がこのような小娘とはな……。この胸も――」グイッ

女勇者「ひんっ……!」

魔王「芯の堅い、まだ蕾みのようなものではないか……ククク」ムニムニ

女勇者「うぁ、ぁ……っ、やめ……っやめろぉ……!」ビクッ




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 20:53:08.00 ID:xyzCs0+I0
魔王「おや? 先程の威勢はどうした? そのような抵抗では、ますますそそられるだけだぞ?」コリコリ

女勇者「うるさい……、うるさい……っ!」

魔王「ククク……、今のうちに吠えておけ。ほら、脚を広げろ!」グイッ

女勇者「あっ……!」

魔王「ほう……、ずいぶんと綺麗なものだ。さてはお前……、生娘か」ツツゥ

女勇者「ぅく……っ、だまれぇ……っ」ビクッ

魔王「喜べ、憎き魔王がお前を女にしてやるのだぞ。しっかりとよがるがいい!」ボロン

女勇者「ひぃ……っ!」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:02:32.13 ID:xyzCs0+I0
女勇者(あ、あんなもの……入るわけ……!)

女勇者(逃げなきゃ……)

女勇者(でも、体に力が……)

女勇者「うぁ……ぁ……」

魔王「ふはは、逃げられるわけがなかろう。ほぅら、お前の膣に入ってしまうぞ?」ピトッ

女勇者「やっ、やだ……、やだ……っ!」ガタガタ

魔王「あがけ、あがけ。頑張らんと、ほれ……、どんどん刺さっていくぞ」ズプッ… ズブ

女勇者「あ……っ、が……、ぐぁぁぁ……っ」ビクッ ビクッ

魔王「ほれほれ、もう根元まで……突き刺してやった……ぞ!」ズブッ

女勇者「ひ…は……っ、はぁぁ…、あ、あぁ……」パクパク




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:15:23.16 ID:xyzCs0+I0
魔王「ふっ、ふっ……、さすがに、生娘の膣はきついな……」ズチュッ グチュ

女勇者「あぐ…っ、……ぅ、いだ……ぁぁ……っ、くるひ……っ」

魔王「苦しいか、勇者よ? その苦しみを、絶望を、陵辱の記憶とともに、しかと胸に刻むがよい!」グチッ グチュッ

女勇者「ふ……ぅぐっ、はぁ…、ふぐぅぅ……」ガクガク

魔王「ククク……、吠える余裕もすでにないか……。よかろう、そろそろ俺の精を注いでやるわ」ズチュッズチュッグチュ

女勇者「ぅあ、ぁ……? あ……だ、だめっ! やめ……抜いてっ!」

魔王「いい表情だぞ、勇者よ……。腹の奥まで、しっかりと注ぎ込んでやるからな。……っイクぞ!」ビュルルル!

女勇者「ひぃぃ……っ!? やっ…いやぁぁぁ!!」ビクン

魔王「ふはは、一滴残らず飲み干すがよい!」ビュルッ! ビュクッ!

女勇者「うぁ……ぁ……、ぁ……」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:18:33.86 ID:xyzCs0+I0
魔王「はぁ……、えがったえがった」

側近「お疲れ様でした」

魔王「……」

側近「ティッシュいります?」

魔王「君、ずっと見てたわけ」

側近「あ、はい」

魔王「……いや、いいけどさぁ、なんていうか、デリカシー?あるじゃないですかぁ?」

女勇者「……」ジャキッ

側近「いや、まぁ……――! 魔王様! 危ない!」

魔王「んっ?」

女勇者「でやぁぁ!」ブンッ

魔王「うぉ、あぶなっ!」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:23:05.87 ID:xyzCs0+I0
女勇者「ち……っ!」

側近「もう回復したのか……!」

魔王「若いっていいなぁ」

女勇者「くっ……、魔王! お前は私が必ず殺す……っ!」ダッ


勇者は 逃げ出した!


側近「逃げた……!?」

魔王「せやね」

側近「すぐに追っ手を……」

魔王「いやぁ、かまへんかまへん」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:28:20.22 ID:xyzCs0+I0
側近「……いいんですか?」

魔王「ククク……、そう焦らずとも、ヤツはまた来る」

側近「はぁ」

魔王「何度でも相手になるだけだ。ククク、何度でも、相手にな……」

側近「魔王様……」

魔王「何だ」

側近「ちんこしまってください」

魔王「うん、ごめんね」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:33:36.75 ID:xyzCs0+I0




側近「……――それから二週間」

魔王「……」

側近「……きませんねー、勇者」

魔王「来る。ヤツは絶対来る!」

側近「絶対なんて、世の中ありませんよ」

魔王「来るっつってんのー! なに? 貴様俺の言うことが信じられないの?」

側近「いえ、そういうわけでは――……」


ギイッ バタン!!


女勇者「魔王……っ!」

魔王「ほら来たぁー!!」ドヤァァァ

側近「あぁ、はい」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:40:34.64 ID:xyzCs0+I0
魔王「ククク……、待ちわびたぞ、勇者よ……」

女勇者「魔王……絶対殺す……!」ジャキッ

魔王「ほう、しばらく見ない間に、なかなか良い殺気の篭った瞳になったな……。その方が、俺好みだ」

女勇者「……その口、二度と利けないようにしてやる」ギリ

魔王「クク、やってみるがいい」

女勇者「でやあぁぁぁ!」ヒュンッ

魔王「ぬ……っ!」


ガキンッ キンッ




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:47:05.45 ID:xyzCs0+I0
シュバッ カキンッ!


魔王(うわぁ……)

魔王(やっぱこの子つよ。洒落ならん……)

魔王(でも、ガチで殺しにかかってる分、この間より太刀筋は読みやすいな)

女勇者「うああああっ!!」ズバッ

魔王「う、うわー」ガクッ

女勇者「もらった……っ!」

魔王「なぁんて……、くらえっ!」


魔王は 毒の魔法をつかった!


女勇者「ぐ……っ、が…はっ……」ガクッ

魔王「殺すことに気をとられてるから、こういう小手先の技に弱い」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:49:17.92 ID:xyzCs0+I0
魔王「さぁ、これで終わ――……」

側近「えいっ、えいっ」バシッ バシッ


側近の 痛恨の一撃!


女勇者「ぐあぁ……!う……うぅ……」ガクン


女勇者は 負けてしまった…


魔王「……」

側近「……」

魔王「……」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 21:57:15.97 ID:xyzCs0+I0
側近「あ、いや、すみませ――……」

魔王「いや、うん、いいんだけど。待ってね、今頑張ってテンションあげてくから」

側近(あ、やっぱアレ、無理矢理テンション上げてたんだ)

魔王「ククク……、一度ならず二度までも、我が力の前に無様な姿を晒すとはな……」

女勇者「くぅ……っ」

魔王「これでお前にも分かったであろう! 我が力の恐ろしさが! ふはははは!!」

側近(『我が力』めっちゃ強調してる……)

魔王「さて、それでは今回も……」

女勇者「ひ……っ」ビクッ


魔王は 勇者の装備をすべて外した!




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:06:43.48 ID:xyzCs0+I0
女勇者「うぁ…ぁ……、やめ…ろぉ……!」フルフル

魔王「おやおや、それでも勇者か? 先の密事とはまるきり別人だな……」ククク

女勇者「うぅぅ……」フルフル

魔王「どうした……、俺を殺すのではなかったか? 」グイッ

女勇者「ひぐ……っ!」ビクッ

魔王「今回は、立ち上がる気力も残さぬほど、犯しつくしてくれるわ……」

女勇者「や……やめ、やめて……」

魔王「『やめて』? フハハ! 聞いたか側近! もはや勇者もただの『女』よ!」

側近「はぁ」

魔王「ふあははははは!」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:14:21.06 ID:xyzCs0+I0
魔王「ククク……、どんなに嫌がっても、お前の膣は俺の逸物の味を忘れていないようだなぁ」クニュクニュ

女勇者「やだ……、やだぁ……、入れないで……」フルフル

魔王「前よりすんなり埋まっていくぞ……? さては、自らで慰めておったな?」ズププ

女勇者「ぁう……うぅぅ、ちが……、そんなこと、して…あうぅぅ!」ビクッ

魔王「ほれ、もう最奥まで届いてしまったぞ?」グッ グッ

女勇者「う…っ、くは……、くるひ……んぐぅぅ……」

魔王「さぁ、動くぞっ!」ズブッ グブッ

女勇者「ひっ…!うあぁぁ……!やめ、……やめてぇ……っ!」ガクン ガク

魔王「もっと腰を上げろ、ほら!」ズチュ ズチュ




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:23:40.85 ID:xyzCs0+I0
魔王「ふっ…、ふぅっ! なかなかいい具合ではないか! いやらしい女陰だ!」ズリュ ズリュッ

女勇者「は……っ、ぐ……! やだ…、こんなの…やだぁ……」ガクガク

魔王「クク…、もう一度、膣内に精をくれてやろう……! 二度とこの味を忘れんようにな…」ズニュッ グリュッ ズッズッ

女勇者「や……、やぁぁ…っ! ひっ……く、うぇぇ……」

魔王「出すぞ……! そら……っ!」ビュルルル!!

女勇者「うぁぁ……!」ビクン

魔王「我が邪精の熱を、身体の芯で感じるであろう……?」ビュル ビュクッ

女勇者「いやぁ……、熱いの…、まだ出て……ぇ」ガク ガク




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:31:30.93 ID:xyzCs0+I0
女勇者「も……やだぁぁ……」ポロポロ

魔王「……ふん」ズッ ズチュ

女勇者「え……? やっ、な……ぁぁ」ビクッ

魔王「ククク、一度などでは終わらせんぞ? お前の全身に、俺の精が行き渡るまで、犯し抜いてやる!」ズンッ グブッズブ

女勇者「そんな……、も……うぅ、や…ぁ……」

魔王「そうだ! もっと深く絶望するがいい! フハハハハ!」

女勇者「うぐ……あぁ、ぁぁ……」ポロポロ

魔王「あかん、またイク」ビュルルッ

女勇者「あ、ぁぁぁ……」ヒクッ




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:41:40.97 ID:xyzCs0+I0
側近「え……」

女勇者「……」ヨタヨタ

魔王「……まだ、俺を殺す気力があるか? 勇者よ」

女勇者「……許、さない……、殺……ぅ」フラフラ

魔王「ほう……ククク」


勇者は 逃げ出した!


側近「いいんですか? 魔王様」

魔王「んー?」

側近「殺すとか、まだ言ってましたけど」

魔王「せやね」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:47:50.48 ID:xyzCs0+I0
側近「さすがに、もう来ないんじゃないんですか? あの子」

魔王「いや、また来るさ」

側近「へぇ?」

魔王「俺を倒すことでしか、陵辱の記憶を拭えない以上、ヤツは必ず、また来る」

側近「そういうもんですか」

魔王「まあな。多分、今度は結構、早めに来るんじゃないかなぁ」

側近「何故です?」

魔王「ボヤボヤしてると、心が折れちゃうって、分かってると思うから」

側近「はぁ……」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:53:02.58 ID:xyzCs0+I0




側近「……――で、三日経ちましたけど」

魔王「ま、ニンゲン界との距離とか考えても、今週末くらいじゃない?」

側近「しばらく暇ですね」

魔王「せやな」

側近「……」

魔王「……ぁー」

側近「……」

魔王「……側近ちゃーん」

側近「はい」

魔王「おっぱい見せて」

側近「どうぞ」ペローン

魔王「ふははははは!」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 22:59:40.21 ID:xyzCs0+I0
魔王「ククク、いやらしい乳房ではないか……」

側近「こういうテンションのあげ方、良くないと思いますけど」

魔王「ふあはは! 苦しゅうない! もっと近う――」


ギイッ バタン!!


女勇者「ま…っ、魔王……!」ギリッ

側近「はやっ」

魔王「タイミングわるっ」

女勇者「今度こそ……、殺してやる……っ」

魔王「ククク……、そんなに俺の逸物が恋しかったのか?」

女勇者「黙れッ!」ジャキッ

魔王「ふはははは! 三度恥辱の底に沈めてくれよう!」

側近(お、ナイステンション)




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:05:51.16 ID:xyzCs0+I0
魔王「今度は手を出すなよ、側近」

側近「あ、はい。すみません」

女勇者「舐めるな……っ!」ギロッ

魔王「カモン」クイクイ


バシュッ ガキンッ キンッ!!


側近(魔王様と勇者の、実力は伯仲……)

側近(なのに、魔王様が確実に押している……)

側近(あの余裕は一体……)

側近(あと私いよいよいらねえなコレ)


魔王「ふははは!」

女勇者「ぐぅ……っ」




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:17:09.87 ID:xyzCs0+I0
魔王「ふんっ!」バキィ

女勇者「ぁぐ……! こ、こんな……どうして……」ヨロッ

魔王「ククク、分からんのか、勇者よ……」

女勇者「なんだと……っ」

魔王「一度犯され、二度辱められ……、お前は心の奥底で、理解してしまったのだよ……、俺には勝てない、とな」

女勇者「う……嘘だ!」ヒュンッ

魔王「ふん……、なんだその攻撃は」パシッ

女勇者「あっ……」

魔王「勇者としての誇りある技でもなければ、殺気に満ちた攻めでもない」

女勇者「うぁ……」

魔王「何の価値もない一振りだ。毛ほどの意味もない」

女勇者「うぁ、ぁ……」フルフル




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:21:30.99 ID:xyzCs0+I0
魔王「震えてるな」

女勇者「ぅ……うぅ」ブルブル

魔王「俺が怖いか?」

女勇者「うぐ……」ブルブル

魔王「ククク、違うのだろう……? 屈服したんだ、お前は」

女勇者「……ち、違……」ガクッ

魔王「ほう、まだ拒むか?それもまあ、いい。だが……お前に、俺は殺せない」

女勇者「……」カランッ


女勇者は 負けてしまった…




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:30:45.56 ID:xyzCs0+I0
魔王「ククク……、さて」


魔王は 勇者の装備をすべて外した!


女勇者「ぁ……」

魔王「要らぬ抵抗はやめたか……。いい心がけだな」ククク

女勇者「……」プイ

魔王「ふはは、身体は許しても心は許さないってアレですか。だがその強がりも、いつまで持つかな?」グニュ

女勇者「っん……」ピクッ

魔王「お前が認めなくとも、お前の心は既に俺を受け入れている。もはや愛撫にも嫌悪を感じられぬであろう?」

女勇者「あっ、ぁん……」ブルッ




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:35:34.23 ID:xyzCs0+I0
魔王「勇者、顔を上げよ」

女勇者「ぇ……?」


チュッ チュゥゥゥ


女勇者「ん…むぅ……!? んふ…ぅぅ」チュッ レロッ チュウ

魔王「んは……、レロ…ふぅ……ふふふ」

女勇者「……ぁ、ぅ……」

魔王「そういえば、接吻ははじめてであったかな?」

女勇者「あ……」トロン

魔王「いい表情だ……、色欲の滲んだ、今までで一番良い、情けない面だ」

女勇者「そんな……私は……」




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:43:33.64 ID:xyzCs0+I0
魔王「さぁ、また我が邪精を与えてやる」グイッ

女勇者「んぁ……」ゾワッ

魔王「この肉壺も、随分こなれてきたようだな……?」クパ

女勇者「そ……、そんなジロジロ…みるなぁ……」カァァ

魔王「駄目だ。もっとよく見せろ、……ほれ、四つんばいになって尻を上げろ」グイッ ムニュ

女勇者「ふぁぁ……! やぁ…、こんなカッコ……」

魔王「ククク……、ここを浅ましく濡らしておいて、何を言うか……」クチュ クチュ

女勇者「濡ら……っ!? う、嘘だ……!」ハァハァ

魔王「何を言う。ほれ、この音を聞くがいい! お前の身体が歓び泣いている音だ!」グチュ クチュクチュ

女勇者「んぁ、ひぁぁぁぁ!!」ビクンッ




135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 23:55:17.09 ID:xyzCs0+I0
魔王「さぁ、待ちかねたであろう? コイツを突っ込んでほしかったのだろう?」ボロン

女勇者「あ、ぁ……」ゴクリ

魔王「ほれ、俺のペニスがお前の陰唇に接吻しているぞ? 分かるか」グニ グニ

女勇者「ふぁ……あ、熱いのが……当たってぇ……」ヒクヒク

魔王「ククク、いい声で鳴けよ……」ズブズブ

女勇者「んっ、はぁ……!あぁ……ん!」

魔王「ふははは! 実にいい具合じゃないか! 俺のペニスが隙間なく嵌っているぞ!」グプッ ヌブッ

女勇者「っくぅん……、だ、めぇ……!」

魔王「ほう? お前も随分と嬉しそうではないか! 涎など垂らしよって」ジュブッ ジュプッ

女勇者「ちが……ちがうのぉ……っ! やぁ、こんな……くぅぅん!」ガクガク




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:05:43.44 ID:DGPqPMli0
魔王「ふはははは! 何が違う! お前は、勇者でありながら、宿敵に身体を許し、あまつさえ淫らに色欲を貪っている!」ジュッ グジュッ

女勇者「ぁんっ! あっ、やぁ……! 言わないでぇ……っ、ひぅん!」ビクン

魔王「いいのだぞ! もっと溺れろ! もっと腰を振れ!」ズグッ ズブッ ジュブッ

女勇者「ふぁ…っ、だって……からだぁ…、かってに……あぁぁん」ヒクッヒクッ

魔王「くっ……、出すぞ! しっかり受け止めろよ!」ビュググッ ドプッ

女勇者「あっ、あっ! 熱いの…、出て……っ、……~~!!」ビクンッ ビクッ ビクッ

魔王「うぉぉ、締め付けてきやがる!」ドプッ ビュ!

女勇者「あ……ぁぁ、はぁぁ……」クテン

魔王「ククク、ついに絶頂まで覚えよったわ……」チュッ

女勇者「ん……むぁ、ふぁ……」トローン




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:11:21.13 ID:DGPqPMli0
魔王「ふぃー」フキフキ

側近「お疲れ様です」

魔王「ってか貴様さぁ、俺らがニャンニャンしてる間、ずっと何してんのそこで」

側近「いえ、普通に。ボーっとしてますけど」

魔王「いや、見てるわけじゃん、俺らのこと。何考えたりしてんの」

側近「あ、特に何も」

魔王「うわぁ……、社会人に向かねーわ君」

女勇者「……ま、魔王」ヨロヨロ

魔王「……去れ」

女勇者「……え」

側近「えっ」




162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:19:06.37 ID:DGPqPMli0
側近「ちょっと、魔王様……」

魔王「最早、お前は勇者でも何でもない。ただの肉欲に溺れた、浅ましい雌犬だ」

女勇者「私は……違……」

魔王「消えろ。そして再び、勇者としてまみえたなら、そのときは殺す」

女勇者「……っ」

魔王「……次に来る時は、俺に完全な服従を誓う、ただの奴隷としてくるがよい……」

女勇者「そ、そんな……」

魔王「そうすれば、受け入れてやろう。…………側近、この雌を、つまみ出せ」

側近「はぁ」ガシッ

女勇者「あっ……! ま、魔王……」

魔王「……フン」

側近「おっぱいちっちゃいですね」スタスタ

女勇者「あ…あぁ……」ヨロヨロ




172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:24:30.61 ID:DGPqPMli0
側近「つまみ出してきました」

魔王「どこまで?」

側近「一番近いニンゲンの里まで」

魔王「貴様優しいな割と」

側近「……っていうか」

魔王「なんね?」

側近「来ないんじゃないんですか、さすがに」

魔王「きーまーすー! 賭けてもいいですー!いっそ精子かけてもいいですぅー!」

側近「ブッカケじゃないですかそれただの」




181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:30:58.21 ID:DGPqPMli0
魔王「ククク……、我が邪精をあれだけ注がれたのだ。正気でいられるはずもない」

側近「あ、そういう効果あるんですか、あれ」

魔王「そうよ。我が邪悪の濃縮された精だ、あれを受ければ、瞳は曇り、理性は澱み、魂は濁る……」

側近「へぇ、便利……。あれ、ただの厨淫語かと思ってました、私」

魔王「厨淫語ってなんね……」

側近「なんか、すごいんですね、魔王様って」

魔王「貴様も試したい?」

側近「いえ、別に」




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:36:53.11 ID:DGPqPMli0
魔王「三度も精を受ければ、普通の人間なら脳まで蕩けているところだがな」

側近「じゃ、女勇者は今頃……」

魔王「クク……、身も心も俺を求めながら、決して満たされぬ淫欲の乾きに、悶えているところであろう……」

側近「あ、今のちょっと難しかったです」

魔王「オナっとるんちゃうん、って」

側近「あぁ」




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:42:23.41 ID:DGPqPMli0
~同時刻、宿屋~





女勇者「んっ…、んっ!はぁ…、ぅん!」クチュクチュ

女勇者「はっ、はぁ!あっ、あぁ!ぁぁっくぅ!」クチュクチュクチュ

女勇者「~~っっ!!」ビクッ ビクンッ

女勇者「……はぁ、はぁ……」

女勇者「たりない……」

女勇者「な、何回イッても…、全然たりないよぉ……」グスッ

女勇者「ほしい……」

女勇者「魔王の……、アレが……」グスッ

女勇者「……っん」クチュ




200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:49:49.80 ID:DGPqPMli0




宿客「~♪」

女勇者「ね、ねぇ……そこのアナタ」

宿客「僕? ……って、あ、貴女様はまさか! ゆ、勇者様!?」

女勇者「あの…、お、お願いが……あるんだけど……」

宿客「え!? ええ、そりゃもう! 勇者様の頼みとあらば何だって!」

女勇者「お願い……、アナタのペニス……ちょうだい!」ヌギ

宿客「へっ!? えええ!?」

女勇者「もう、疼いて……、ひとりで慰めても、どんどん火照ってきちゃって……」トロン

宿客「……ジーザス」

女勇者「お願い……アナタの、ここに入れてぇ……!」クパァ

宿客「……」ゴクリ




210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 00:55:29.37 ID:DGPqPMli0




宿客「へ…、へへ、まさかあの勇者様が、こんなスケベ女だったとはな」パンッ パンッ

女勇者「あんっ、ぁ…ふぁ、ごめ……んなさい……っふぁぁ!」

宿客「ほらっ、中に出しますよ!変態勇者様!」ビュッ

女勇者「うぁ…っ……! はぁぁ……」

宿客「はぁ、はぁ……うへへ、たまんねえやぁ……」

女勇者(駄目……、こんなのじゃ……)

女勇者(全然、足りない……)

女勇者(やっぱり、アレじゃないと……、耐えられない……)

女勇者(魔王の、……いや)

女勇者(魔王様の……)




223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:01:07.14 ID:DGPqPMli0
~何日か後、魔王城~


魔王「ふははははは!」

側近「……」

魔王「世界の半分をお前にやろーう!」

側近「……」

魔王「ククク…、世界の半分をくれてやろう……」

側近「……」

魔王「どっちが渋いかしら?」

側近「さあ」


ガチャ


側近「あ」

魔王「お」

女勇者「……」




240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:10:08.44 ID:DGPqPMli0
女勇者「……」ジャキ

魔王「ふん……、まだ剣を取るか。くだらぬ」

女勇者「この剣は……」

魔王「なんね」

女勇者「唯一勇者のみが使い、ただこの剣だけが、魔王を斬れるのだそうです」

魔王「で?」

女勇者「……私には、もう要らない」カラン

魔王「ほほう」ニタニタ

女勇者「……私は」ヌギ

魔王「お前は、なんだ?」

女勇者「私は、魔王様の忠実な奴隷です……」スルッ パサッ




255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:20:11.97 ID:DGPqPMli0
魔王「クックック……、お前は勇者ではなかったのか?」

女勇者「……」

魔王「世界を救う、ただ一筋の光明、神がこの世にもたらした、真の奇跡ではなかったのか!」

女勇者「わ、私は、世界なんて要りません! ただ魔王様のペニスに満たされることだけが喜びの……」

魔王「ほう」

女勇者「魔王様の……ペニスに……」ジュン

魔王「……いい顔だ。浅ましく、卑屈で、淫猥な顔だ。それでこそ、俺の性奴隷にふさわしい」

女勇者「あぁ……魔王様……」ハァハァ

魔王「ククク…、奴隷よ。今一度、誓え。貴様の主人の逸物に」ボロン

女勇者「はぃ…、あぁ……すご、これ……ほしかったのぉ……」レロ チュッ チュパ

魔王「誓いなさいって」




264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:27:38.21 ID:DGPqPMli0
堕勇者「んむ…ちゅ…っ、はぁ……。私は……、魔王様と、魔王様のペニスに、全てを捧げた……」

堕勇者「ペニスのことしか頭にない、セックスしかできない、情けない性奴隷です…」

魔王「く……、ククク……ふはは……、ふあっはっはっはっは!!」

堕勇者「あぁぁ……魔王様ぁ……」トローン

魔王「ついに! ついにあの勇者を堕落させたぞ! 聞いたか側近! 今のはしたない誓いの言葉!」

側近「あ、すいません」

魔王「きーいーてーねーえぇぇ!!!」

側近「すいません」

魔王「堕勇者ちゃん! さっきのもう一回やったって!」

堕勇者「んっ……魔王様の……んむっ、ペニしゅぅ……ぷはっ」チュパチュパ

魔王「きーいーてーねーえぇぇ!!!あああどいつもこいつもー!!」




277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:39:05.12 ID:DGPqPMli0
魔王「ああもう! さっきのアレ聞いたらもう寝ていいレベルだっつーの!」

側近「そうですか」

魔王「ええい堕勇者! いつまでしゃぶっているのだ!」グイッ

堕勇者「ぁん……」

魔王「性奴隷なら性奴隷らしく、ほれ、主人に媚びて見せろ」

堕勇者「魔王様……、はしたない私の中を、ここを……」クパァ

堕勇者「魔王様の素敵なおちんちんで、いっぱい……いっぱいかき回してください」ジュン…

魔王「ククク……、いいだろう」




287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:46:15.25 ID:DGPqPMli0
魔王「だが、俺は玉座から動いてなどやらんぞ?」

堕勇者「え……」

魔王「奴隷の貴様が俺を喜ばすのだ……ククク」

堕勇者「はい……」

魔王「貴様が上になって、腰を振れ。卑しく、淫らにな」

堕勇者「ぅ……失礼します……っんんっ!」ズッ ズヌッ

魔王「いいぞ、そうだ……。もっと根元まで」

堕勇者「あっ…!ふぁぁ……!」ビクッ ビクン

魔王「ククク、なんだ……もうイッてしまったのか……。だらしのないマンコだ」

堕勇者「は…ぁ……、ひぁい……♪」ヒクヒクッ




299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 01:56:01.33 ID:DGPqPMli0
魔王「堕勇者よ、舌を出せ」

堕勇者「ふぁ……、こ……こうれふかぁ……?んっ、はっ、ぁ……」ズチュッ、グチュ

魔王「んむ……む……、ペロ……」チュッ チュウウウ

堕勇者「ン……ふぅぅ…っ~~♪」ビクンッ ビクン

魔王「ぷは……っ、どうした? 今度は舌だけでイッてしまったのか?」ズン ズチュ

堕勇者「ひゃい……っうあ! や……っ! そんな…突いちゃ……ふぁぁぁ!」ビクッ ビクッ

魔王「ククク、どうした? 一度は殺そうとした相手に、全身性感帯にされて、イキっぱなしではないか……」グチュ ズチュ

堕勇者「い……言わないで……、くらひゃい……♪わたひが……おろかでひたぁ…♪」ヒクッ ヒクンッ

魔王「そうだ、心から悔いよ。贖罪と隷従を誓い、何度でもイけ!」ズリュッズリュウ

堕勇者「ひゃい…っ!ごめ……ごめんなひゃ……~~っっ!!」ビクッ




309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 02:05:29.83 ID:DGPqPMli0
魔王「……っふ、そろそろ俺も、出すぞ」ズッズッ グチュッグチュッ

堕勇者「はぁっ、あんっ! ひゃん! くださいっ……! 魔王様の精で、私の中……くぅんっ、いっぱい……にっ!」ビクビク

魔王「ふあはははは! よかろう! 今宵は、貴様が我が子を孕むまで種付けしてやろう」グチュッグチュッ

堕勇者「くふっ、んぁ! うれ……うれひぃ……♪ 魔王様ぁぁ……っ!」

魔王「……イクぞっ!!」ビュルルルル!! ビュルル!

堕勇者「あっあ、ぁ、あっ! しゅごっ……っふぁぁぁぁっっ!!」ガクッ ガクンッ ビクッ

魔王「……ふぅぅ」

堕勇者「あぁ、ぁぁ……」ヒクッ

魔王「まだまだ、これからだぞ? 俺好みの奴隷になるまで、たっぷり調教してやる」チュッ チュウ

堕勇者「んぅ……、……はい♪」




314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 02:12:34.93 ID:DGPqPMli0




側近「その後、淫蕩と堕落の宴(笑)は、飽くことなく続きました」

側近「でも孕むまでセックスとか、正直無理というか、」

側近「着床は視認できないのではないかと、魔王様に申し上げたところ――」



魔王『せやな』



側近「そのあとは三人で、ご飯食べて風呂とか入りました」

側近「女勇者が、堕勇者と化したことで、最早この世は魔王様のものとなりました」

側近「この世は、淫蕩と堕落の宴(笑)につつまれることでしょう」

側近「……ちなみにこの後、私も魔王様の邪精(笑)の恐ろしさを、身をもって知ることになるのですが……」

側近「それはまた、別の話……」




315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 02:13:12.58 ID:DGPqPMli0
~おしまい~