2013/07/18

男「幼馴染…お前と距離を取りたい」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:22:00.31 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「……どういう意味?」

男「言葉通り」

幼馴染「言葉の意味はわかるわよ?なんでそんな事言うのかがわからないんだけど」

男「わからないのか、確かにお前の態度見てりゃわかってなさそうだもんな」

幼馴染「どういう意味よ!?」

男「言葉通りさ、明日からは用がある時以外話かけるなよ?じゃあな」

幼馴染「まだ話の途中でしょ!?ちょっと!男!!ちゃんと説明しなさいよ!!」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:30:12.26 ID:9AE0QK7DO


幼馴染(昨日はどういうつもりだったのよ……学校行くまでに問い詰めてやるんだから)

幼馴染「おはようございます!」

男母「あら、幼ちゃん?男はもう出たわよ?」

幼馴染「え?」

男母「今日は早めに出て行ったけど?てっきり幼ちゃんも一緒だと思ってたのに男ったら……」

幼馴染「そ、そうですか…わかりました……失礼します」タタタッ

男母「あっ!幼ちゃん!走るなら車にきをつけてね~?」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:33:30.75 ID:9AE0QK7DO
幼馴染(何よ!距離を取るってこういう事!?)

幼馴染(はっきり言えばいいのに遠まわしに言って)

幼馴染(学校でどういうつもりか聞いてやるんだから!)

幼馴染(……でもなんで急に…)




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:41:17.25 ID:9AE0QK7DO
学校 男のクラス

幼馴染(………あれ?いない?私より早く出たのに?)

幼馴染「あっ友くん」

友「あれ、幼馴染じゃん?男と一緒じゃないの珍しいな」

幼馴染「なんか今日は先に行ったらしくて……まだ来てないの?」

友「俺は見てないけどな?…でも鞄はあるな、トイレかね」

幼馴染「……そっか、まぁいいや…悪いけど来たら勝手に先行かないでって伝えといてくれる?それじゃ」

友「あ、ああ……どうしたんだあいつら?」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:47:21.05 ID:9AE0QK7DO
幼馴染のクラス

幼友「ふぁー!ギリギリセーフ!!」

幼馴染「……ギリギリアウトね」

幼友「えー!?オマケでどうにか……元気ないね?どうしたの?」

幼馴染「別に?そんな事無いわよ」

幼友「ふぅーん?…今さっき男君が女の子と歩いてたけどそれかな?」

幼馴染「えっ!!?」

幼友「あっあれ?違った?私まずった?」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 15:53:10.89 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「ちょっと詳しく話して!!」

幼友「いっ一緒に歩いてるの見ただけだよぉ…胸ぐら掴まないでぇ…」

幼馴染「あ…ごっごめんなさい……」

幼友「ぶへぇ……やっぱり男君関係で元気ないみたいだねぇ」

幼馴染「………」

幼友「何かあったの?お姉さん悩み聞いちゃうよ!」

幼馴染「……今朝男が先に学校に行ってたの」

幼友「ほうほう、それでそれで?」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:02:40.17 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「……学校に来ても姿が見えなくて…男のクラスには鞄は置いてあって…」

幼友「ふむふむ?」

幼馴染「……友くんが居たから見たか聞いたけど見てなくって………それで…」

幼友「……ふぅーん…朝会わないだけで元気無くなっちゃう程ラブなのはわかったよ」

幼馴染「ちっ違!!そんなんじゃなくって!!」

幼友「わかったわかった(それ以外どう思えるのよ)」

幼友「それで?今朝以外何も無かったの?昨日とか」

幼馴染「……昨日変な事言われた」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:09:47.22 ID:9AE0QK7DO
幼友「変な事?なにいわれたの?」

幼馴染「………私と距離取りたいって……」

幼友「えっ!?それって……まさか…さっきの女の子と…」

幼馴染「…………ウグッ」グスグス

幼友「あー!ごめんごめん!!まだそうと決まった訳じゃ無いからね!?お姉さんが悪かったよ!」ダキ

幼馴染「……いきなりで……急に言われて…原因考えたけど…私わからなくて……」グスグス ギュッ

幼友「よしよし、後で私からも聞いて見るからねぇ」ナデナデ




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:19:31.57 ID:9AE0QK7DO
昼休み 男のクラス

幼友「おっとこくーん?いるかなー?」

友「おっ?幼友か、男は教室来てねーよ?なんか先生の所にずっと居るみたいだぜ」

幼友「あれー?そうなの?なんかあったのかな」

友「幼馴染はどうしてる?元気無いんじゃないか?」

幼友「そうなんだよねぇ、だから男君に話聞こうかなって」

友「朝も一緒じゃ無かったみたいだしなー…それで当の幼馴染は?」

幼友「教室で待たせといてる、なんか今会わせたら面倒そうだったから」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:28:25.12 ID:9AE0QK7DO
友「そんなに落ち込んでるのかよ…朝会わなかっただけだろ?」

幼友「なんか色々あったみたいでね?」

幼友「それで今日私が遅刻気味に来たら、男君が女の子と歩いてるのを見ちゃって、それを言ったら余計にね?」

友「マジかよ…でも男に限ってそれは無いだろ?」

幼友「そうだと良いけどね?最近幼馴染ちゃんの態度が辛いとも言ってたし」

友「あー…男に対してやたらキツいもんな?それでいて男が大好きなんだよなぁ…」

幼友「天の邪鬼だよねぇ?素直になれば男君もイチコロだろうに」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:36:13.46 ID:9AE0QK7DO
友「じゃあ俺も男にあったら話聞いとくから」

幼友「んー!ありがと!頼んだよー!」タタッ

友「今度埋め合わせしてくれよなー!」

幼友「あいあいー!またねー!」タタタッ

幼友(先生の所に居たのか…女の子もその関係かな?)

幼友(なんにしても一度男君と話さないとねぇ)

幼友(職員室見てみるかな)




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:46:26.86 ID:9AE0QK7DO
職員室

幼友「失礼しまーす」

教師「ん?何か用かな?」

幼友「男君いますか?多分来てるはずなんですが」

教師「男…?あーあの生徒か、今はまだ話の途中何じゃないかな」

幼友「話?」

教師「うん?転校する為の手続きとか色々あるからな、まだその事で話してるんじゃないかな」

幼友「えっ……」

教師「あれ?聞いて無かったかな?」

幼友「はっ初耳です」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 16:51:20.67 ID:9AE0QK7DO
教師「ん?探してるのは違う生徒の事だったかな?でも今居る生徒は男と女って名前だった筈だが」

教師「でもまだ話は終わってないみたいだから放課後また来なさい」

幼友「そっそうですか…ありがとうございました…」

幼友「えぇー……あの子になんて言おう……」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:00:59.95 ID:9AE0QK7DO
幼友「友君!」

友「あれ?どうした?男見つかったか?まだ教室には来てないが」

幼友「どうしよ~!?助けてぇ…」

友「なっなんだよ…どうしたんだ?」

幼友「カクカクシカジカで…」

友「はぁー!!?聞いてねーぞそんな話!!」

幼友「私もだよぉ……幼馴染だって多分……」

友「ちょっと放課後男にあってくる、幼友は幼馴染と居てくれ」




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:07:59.17 ID:9AE0QK7DO
放課後 職員室

友「失礼します、男はいますか」

教師「おー男なら今話が終わったからすぐ来ると思うぞ?ちょっとそこで待ってなさい」

友「わかりました」

友(男…なんですぐバレるような事を黙ってたんだよ…)




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:12:40.79 ID:9AE0QK7DO
男「それじゃあ俺はこれで…」

友「…男!」

男「おっ?友じゃん?どうした?」

友「どうした?っじゃ無いだろ!!」

男「え?ちょ…ちょっとちょっと…声でけーよ…他で話そうぜ?」

友「…ん、それもそうだな…騒いですいません…失礼しました」

男「失礼しました」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:17:45.97 ID:9AE0QK7DO
空き教室

男「それで?なんで怒ってる?」

友「なんでって…わからないのかよ!?」

男「え…ちょっとわからない……何かしたならすまん」

友「俺に謝るなよ!先に幼馴染に謝れよ!!」

男「あっ?幼馴染に?なんで俺が…」

友「今日一日中元気無かったって幼友が言ってたぞ!?」

男「っ……あいつが悪いんだよ」




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:23:53.21 ID:9AE0QK7DO
友「……幼馴染がなんかしたのかよ?」

男「昨日今日の話じゃ無いから…」

友「なんだよ?はっきり言えよ」

男「…お前こそわからないのかよ?いつも見てるだろ?俺とあいつを」

友「………確かにお前に対して少し辛く当たる所があるが…」

男「少しなもんか!!お前らと居るときはまだヌルいだけだ!!2人だけの時なんか酷いもんだぞ!!?」

友「そっそんなにか…?でもあれは好意の裏返しじゃ…」




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:32:30.30 ID:9AE0QK7DO
男「あれのどこに好意があるんだよ!?悪意しかねぇだろ!?」

友「悪意って…それは言い過ぎじゃ…」

男「悪意がなきゃあそこまで俺を虐げられるかよ!?」

友「で、でも弁当作ってくれたりとか毎朝起こしに来てくれたりとか可愛い所あるじゃんか?」

男「……そこだけならな」

友「ほらな!」

男「そこだけなら可愛いがそれを補って余る程憎たらしい態度が勝ってる」

男「だから距離を置いて欲しいって言ったんだよ」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:42:38.99 ID:9AE0QK7DO
友「でっでもよ?今日の事位言っても良かったんじゃないか?」

男「……あいつに関係ないし」

友「かっ関係ないってお前…いいのかよ!?」

男「……ああ、いい薬だろ」

友「いい薬って…」

男「……話はそれだけか?もう帰るからな俺…じゃあな」

友「おっおい!……ああ…」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 17:48:54.49 ID:9AE0QK7DO
友「どうしたもんか…」

幼友「…どうだった?」

友「あっ…幼友か、幼馴染はどうした?」

幼友「今さっき帰ったけど…」

友「えっ?まさか…いや?大丈夫か?」

幼友「どうしたの?」

友「男も今さっき帰ったから……」

幼友「えっ…大丈夫かな…」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:01:02.33 ID:9AE0QK7DO
幼友「それより男に転校の事聞けた?」

友「あっ…悪い……」

幼友「なにそれぇ!?一番大事な事でしょぉ!?」

友「なんか今日の幼馴染の事言ったら男がキレだしてそれどころじゃなくなって…」

幼友「はぁー…私が行けば良かった…」

友「……幼馴染には言ってないよな?この事」

幼友「えっ?………ごめん、口が滑って…」

友「意味ねーじゃん!気遣い全部無駄じゃねーか!!」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:02:44.13 ID:9AE0QK7DO
幼友「いやぁ?私隠し事苦手でぇ…」

友「……面倒な事にならなきゃ良いが」

幼友「だっ大丈夫よ!…多分」

友「………」




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:10:29.79 ID:9AE0QK7DO
幼馴染(男が転校……だから私にあんな事言ったの?)

幼馴染(今日の学校すごくつまらなかった……男がいなかっただけなのに…)

幼馴染(……男が転校したらこれからずっと今日みたいな日が続くの?)

幼馴染(……いやだ…そんなの…いやだよ…)

幼馴染(なんでこんな急に……寂しいよ…)

幼馴染「男ぉ……グスッ…」ポロポロ




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:19:19.39 ID:9AE0QK7DO
『今日一日中元気無かったって…』

男(………)

男(あいつが悪いんだよ…)

男(何が好意の裏返しだよ…人の気持ちも考えないで…)

男(そりゃ弁当作ってくれたり毎朝来てくれるのはありがたいし嬉しいけど…)

男(それでも今のあいつの態度はおかしいだろ…)

男「はぁーぁ…こういう時男って損だよなぁ…ん?なんか声が…」
オトコォ ナンデ…
男「…あれこの声は」




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:26:05.03 ID:9AE0QK7DO
男(やっぱりいた……幼馴染)

幼馴染「うえぇ……グスッ…ふあ゛ぁぁ…」ポロポロ

男(うわぁ…マジ泣きじゃん…あっ)
ガサッ
幼馴染「!?だっだれ!?」ゴシゴシ

男「……わっ悪い、覗くつもりは無かったんだが…」

幼馴染「おっ男…?……男ー!!」タタタタッ

男「うわぁー!!ごめんごめん!!殴らないで!!ごめんなさいぃ!!見てません!!見てませんからぁ!!!」

幼馴染「男ぉ……」ダキッ

男「ひぃ…………あれ?」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:34:50.36 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「ごめんなさい…ごめんなさい男ぉ…」ヒシィ

男(あっ……良い匂い…じゃなくて!どうしたこれ!?)

男「えっ?ど、どうした?幼馴染?なんかあったのか?」

幼馴染「いやだよぉ…私を一人にしないでぇ…私から離れないでよぉ……」ギュウ

男(うぇえ!?今日一日会わなかっただけで?!)

幼馴染「他の女の子を好きにならないでぇ…今までの事謝るからぁ…もっと男を大事にするからぁ…」ポロポロ

男「え?他の女の子?なんのことだ?」

幼馴染「転校しないでよぉ…私を置いてどっかいかないでぇ……寂しいから…死んじゃうからぁ…」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:40:18.12 ID:9AE0QK7DO
男「まっ待て!話が見えないぞ!?女の子って何さ?!」

幼馴染「うぇぇ……うぁぁぁ…」ポロポロ ギュウ

男(落ち着くまで話は無理か…)

男「……落ち着けよ」ダキッ

幼馴染「うぐ……うあ゛ぁぁぁぁ!!」ポロポロポロポロ ギュウッ

男(うげっ……ちょっと苦しい…)




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:44:40.26 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「ヒック……ヒック……」グスッ

男「落ち着いた?」

幼馴染「……少し」

男「ふぅ…まず何から話す?」

幼馴染「朝一緒に居たって言う女の子…」

男「あー女さん?あれは用があったから一緒にいただけで別に何も無いからな?嘘じゃない」

幼馴染「じゃあなんで私と距離取りたいなんて言ったの?」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:51:14.71 ID:9AE0QK7DO
男「……それはお前のせいかな…でもさっき謝ってくれたしなんか大分気にしてくれたみたいだからもう良いよ」

男「そんなになるとは思わなかったんだよ……ごめんな?」

幼馴染「だってぇ!今日男が居ないだけで凄く寂しくて!つまらなくてぇ……」

男「幼友とか友だっているじゃんか?」

幼馴染「違うの!男が居ないと全部違うの!だめなの!!」

男「そっそう?(なんか嬉しいな…これは)」

幼馴染「それで……男が転校しちゃうって聞いて私……私ぃ…」ポロポロ

男「えっ……」




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 18:58:43.95 ID:9AE0QK7DO
男「誰から聞いたの?」

幼馴染「幼友が職員室で聞いたって……」

男(だからさっき友も怒ってたのか…)

幼馴染「ねぇ?嘘だよね?転校なんかしないよね?」

男「………するよ、転校」

幼馴染「………えっ?」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:05:19.09 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「嘘……嘘よ!嘘よ嘘よ嘘よ!!男が転校だなんて!!!」

男「ちょ!おっ落ち着けったら!!まだ話は先があるんだから!」

幼馴染「いやだ!!いやだよ!!男と離れたくない!!いやだ!!」

男(やっやっぱり今言うべきじゃなかったな…)

幼馴染「私も!私も男と行く!もう離れたくない!!」

男「落ち着けったら!!2ヶ月したらちゃんと帰って来るから!!」

幼馴染「……えっ?本当に…?」

男「本当に!!だから落ち着けって……」

幼馴染「でも…でも…」




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:12:41.92 ID:9AE0QK7DO
男「転校って言い方が悪かったかな?留学だな、交換留学」

幼馴染「りゅっ留学?全然違うじゃないそれじゃ…」

男「うん、だからさ?大丈夫だから、女さんとはそれで一緒にいただけだし」

男「しかも外国いく訳でもないし、国内の姉妹校に行くだけだから」

幼馴染「でっでもだったらなんで言ってくれなかったの?」

男「ちゃんと全部決まってから言おうかなってのもあったし、最近幼馴染にちょっと暗い気持ちがあったし…」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:20:05.03 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「わっ私の……せいか……」

男「ごめん!本当にごめん!そんなに傷つくとは思わなかったんだよ……」

幼馴染「だって…だって男が居ないと…」

男「へへっ、幼馴染に取って俺がそんなに大事な位置に居たのかぁ…嬉しいなぁ」

幼馴染「あっ!ちっちが……違わないけど……///」

男「あっ…あははっ…なっなんだ…幼馴染がそんなだと恥ずかしいな///」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:26:24.93 ID:9AE0QK7DO
幼馴染「でも2ヶ月も居ないんだよね?」

男「そうだね」

幼馴染「……毎日電話して良い?」

男「いいけど…2ヶ月なんてすぐじゃない?」

幼馴染「今日だけで私これだし…耐えられないよ」

男「そっそっか……うん、電話しよう!毎日しよう!」

幼馴染「うん…」




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:30:27.44 ID:9AE0QK7DO
男「あっ…もう夕暮れだな、そろそろ帰ろっか」

幼馴染「男…今までごめんなさい」

男「あー昨日のはもう忘れて?俺も悪かったよ」

幼馴染「……じゃあ手繋いでいい?」

男「…うん」スッ

幼馴染「……ありがとう」ギュッ

男「じゃあ帰ろうか」ギュッ

幼馴染「…うん」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/03(木) 19:35:56.80 ID:9AE0QK7DO
一週間後

幼友「男君行っちゃったねぇ」

幼馴染「うん」

幼友「うんって寂しくないの?あの時あんなに落ち込んでたのに」

幼馴染「もう大丈夫、毎日電話するって約束したし」

幼友「へぇー…いつの間にかもっと仲良くなってたんだ?やるねぇ!」

幼馴染「これからは素直に甘える事にしたから、もう意地張らないから」

幼友「それがいいね!こるからも応援するよ!」

幼馴染「ありがとう!……ちゃんと待ってるからね…男」

終わり